金と金メッキの見分け方 あなたの金の価値がひと目で分かるコツ

本当に金?正しく金を見分けてもう不安にならない!

本当に金色をしているから、これは金製品なのだろうと思ったら、何か違和感がある……と、悩んでいる方は非常に多いようです。

中には「K18」や「K10」という刻印があるにもかかわらず、それが金メッキであったという場合さえあります。
いったいどうしてなのでしょうか?

金メッキを見分ける方法を覚えておけば、金製品購入の際や、売却をする際に失敗することを避けられます。
簡単な見分け方ですので、ぜひ覚えておきましょう。

金メッキとは?

まず、金メッキとはいった何なのかを押さえておきましょう。
金メッキとは、金を化学的に処理し、他の金属の表面に付着させた物です。
付着した金は非常に薄い膜であるため、強くこすったり、固い物に当たると剥がれてしまいますから、注意が必要です。

金メッキと似た加工方法として、金張りというものもあります。
金張りの場合、厚い金のプレート(金メッキの100倍)が利用されるので、金メッキよりも丈夫で長もちします。

刻印で金を見分ける

一番確実な方法は、刻印で見分けることです。
以下に代表的な刻印を一覧でご紹介します。

金メッキ

GP:Gold Plated
GEP:Gold Electro Plated
HGE:Hard Gold Electroplated
※「PG」の場合は、ピンクゴールドという色を表しています。

金張り

GF:Gold Filled
GR:Gold Rolled
RGP:Rolled Gold Plate

このほかにも、「3M」や「1/10」などの数字が入っている場合もあります。
「3M」は3Micron(ミクロン)、「1/10」は、1/10Micronの金メッキが施されているという意味になります。

これらの刻印は「K18」や「K10」の前後に入っていますが、それは、金メッキに使われている金の純度ということです。
「K18」や「K10」と刻印があっても、純粋な金製品ではない場合があるのはそのためです。

刻印がない場合の金の見分け方

何も刻印をされていない場合でも、簡単な二つの見分け方があります。

磁石に反応する

金は磁石に反応しませんが、金メッキの場合は磁石に反応をします。

重量が軽い

金は比重の大きい、重い金属です。
金メッキの場合は中に軽い金属が入っていますから、手に取ってみると軽く感じます。


手のひらサイズの金塊であっても、その重さは1000グラムにもなります。

紹介した方法を試してみて、それでもよくわからない、判断がつかず迷っている場合には、貴金属買取店を利用してみるのがおすすめです。
お店では比重計という機械を使い判断してもらえるので確実ですし、金メッキであっても、物によっては買取をしてくれる場合もありますから、ぜひご相談されてみることをおすすめいたします。


おすすめ記事