金の分類方法とその種類

金の分類方法とその種類について

金の分類方法とその種類について

金には分類方法や種類が存在します。

金の分類方法の種類は「純度」「カラー」ですが、ここではその分類方法についてご紹介します!

純度からみる金の分類方法

金のマリッジリング

金製品は表からは見えないですが「24K」「18K」などの刻印が打たれています。

Kは「Karate」の頭文字で、金の含有量を24分率で表記したものです。

「18K」の場合、金の含有量は75%となりますが、海外のブランドジュエリーの場合「750」など、3桁の数字で表記されることもあります。

「750」の場合、金の純度が750/1000(75%)で18Kと同じ純度となります。

カラーによる金の分類方法

ゴールドジュエリー

多くのケースで金は他の金属と混ざった合金で、他金属を混合して硬度を上げてキズがつきにくくし、多彩なカラーバリエーションができます。

混ぜる金属は銅やバナジウムなどで、配合バランスにより、イエロー、ピンク、ホワイト、レッド、パープル、グリーン、ブラウン、ブラックなどの色調ができます。

このような金合金を「カラーゴールド」と呼びます。

イエローゴールド

ブレスレット
イエローゴールドは金に銀と銅を混ぜて作ったものです。

純金より黄色く見えますが、金のイメージにもっとも近い色の合金です。

華やかなカラーから、男性用の喜平ネックレスなどにも使われます。

グリーンゴールド

グリーンゴールドは金と銀の合金で、「青割り」「青金」とも呼ばれ、ハワイアンジュエリーなどによく使用されます。

澄んでいて落ち着いた色が特徴的です。

ピンクゴールド

ピンクゴールドは金に銅と銀、パラジウムなどを混ぜて作ったもので、金と銅だけの合金は、より強い赤みをもつレッドゴールドになり、ピンクゴールドはロゼのシャンパンのような高級感と、温かみのある色合いをもちます。

女性に人気のカラーゴールドです。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドリング
ホワイトゴールドにはニッケル系とパラジウム系があります。

ニッケル系には銅と亜鉛が混合され、パラジウム系には銀と銅が混ぜられます。

プラチナに似た色で幅広い年齢層から人気を集めています。

いかがでしたでしょうか?

金の分類方法とその種類についてご紹介してまいりましたが、宝石などを買取に出す際に店頭にもっていったりするのは不安ですよね。

宝石に限らずいろいろなものをまとめて売りたいときに、宅配買取サービスが非常に便利です!

プロがまとめて査定して振込をしてくれる宅配買取はオススメです!


おすすめ記事


最近投稿されたコラム

  1. 宝石・貴金属の買取のながれ 売る前に知っておきたいポイント
    事前に知っていると安心な買取のながれいざ手持ちの貴金…
  2. 婚約指輪・結婚指輪を高く売れるって本当?
    デザインが古くなるなどして身につけなくなった婚約指輪…
  3. 金と金メッキの見分け方 あなたの金の価値がひと目で分かるコツ
    本当に金?正しく金を見分けてもう不安にならない!本当…
  4. 悪徳な買取業者によくある3つの共通点(保存版)
    断捨離などという言葉が流行して久しいですが、生活をシンプ…
  5. 貴金属・ダイヤモンドを売るならここ!高額買取店一覧【保存版】
    金を売ると決めたらチェックしておきたいこと使わなくな…
  6. ジュエリーや宝石を売るなら知っておきたい高額買取店一覧
    売ると決めたらチェックしておきたいこと宝石の買取を考…
  7. ロレックスを売るならここ!高額買取店一覧【全国対応/保存版】
    多くのファンを魅了してやまないROLEX(ロレックス)。…
  8. 買取方法の種類とメリット・デメリット
    宝石・貴金属買取でよくある3つの買取方法最近では様々…
  9. 赤珊瑚の見分け方やお手入れ方法を知ろう!
    赤珊瑚の見分け方やお手入れ方法を知ろう!
    赤珊瑚の見分け方やお手入れ方法をご紹介!赤珊瑚は…
  10. ダイヤを温泉につけて変色したときの対処法
    ダイヤを温泉につけて変色したときの対処法
    温泉にダイヤや宝石をつけたらどうなる?変色したときなどの…

宝石・貴金属買取店ランキング

  1. ウルトラバイヤーイメージ

    1

  2. 宝石・ダイヤモンド買取の最速買取123

    2

  3. 3