金の分類方法とその種類

金の分類方法とその種類について

金の分類方法とその種類について

金には分類方法や種類が存在します。

金の分類方法の種類は「純度」「カラー」ですが、ここではその分類方法についてご紹介します!

純度からみる金の分類方法

金のマリッジリング

金製品は表からは見えないですが「24K」「18K」などの刻印が打たれています。

Kは「Karate」の頭文字で、金の含有量を24分率で表記したものです。

「18K」の場合、金の含有量は75%となりますが、海外のブランドジュエリーの場合「750」など、3桁の数字で表記されることもあります。

「750」の場合、金の純度が750/1000(75%)で18Kと同じ純度となります。

カラーによる金の分類方法

ゴールドジュエリー

多くのケースで金は他の金属と混ざった合金で、他金属を混合して硬度を上げてキズがつきにくくし、多彩なカラーバリエーションができます。

混ぜる金属は銅やバナジウムなどで、配合バランスにより、イエロー、ピンク、ホワイト、レッド、パープル、グリーン、ブラウン、ブラックなどの色調ができます。

このような金合金を「カラーゴールド」と呼びます。

イエローゴールド

ブレスレット
イエローゴールドは金に銀と銅を混ぜて作ったものです。

純金より黄色く見えますが、金のイメージにもっとも近い色の合金です。

華やかなカラーから、男性用の喜平ネックレスなどにも使われます。

グリーンゴールド

グリーンゴールドは金と銀の合金で、「青割り」「青金」とも呼ばれ、ハワイアンジュエリーなどによく使用されます。

澄んでいて落ち着いた色が特徴的です。

ピンクゴールド

ピンクゴールドは金に銅と銀、パラジウムなどを混ぜて作ったもので、金と銅だけの合金は、より強い赤みをもつレッドゴールドになり、ピンクゴールドはロゼのシャンパンのような高級感と、温かみのある色合いをもちます。

女性に人気のカラーゴールドです。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドリング
ホワイトゴールドにはニッケル系とパラジウム系があります。

ニッケル系には銅と亜鉛が混合され、パラジウム系には銀と銅が混ぜられます。

プラチナに似た色で幅広い年齢層から人気を集めています。

いかがでしたでしょうか?

金の分類方法とその種類についてご紹介してまいりましたが、宝石などを買取に出す際に店頭にもっていったりするのは不安ですよね。

宝石に限らずいろいろなものをまとめて売りたいときに、宅配買取サービスが非常に便利です!

プロがまとめて査定して振込をしてくれる宅配買取はオススメです!


おすすめ記事


最近投稿されたコラム

  1. オレンジサファイアとその種類
    オレンジサファイアとその種類
    オレンジサファイアの種類を知ろう!オレジンサファ…
  2. 結婚指輪をする/しない人の本音を知る!
    結婚指輪をする/しない人の本音を知る!
    結婚指輪をする/しない人の本音結婚指輪をする…
  3. ルビーは産地や加熱処理で値段が変わるって本当?
    ルビーは産地や加熱処理で値段が変わるって本当?
    産地や加熱処理で変わるルビーの値段ルビーは産地や…
  4. イエローサファイアの基礎知識
    イエローサファイアの基礎知識
    イエローサファイアについてイエローサファイアはル…
  5. クリスタルとその種類について
    クリスタルとその種類について
    クリスタルとその種類クリスタルは二酸化ケイ素が結…
  6. オパールの種類や査定基準、保管方法について
    オパールの種類や査定基準、保管方法について
    オパールの種類や査定基準、保管方法オパールの種類…
  7. ブラウンダイヤモンドについて知る
    ブラウンダイヤモンドについて知る
    ブラウンダイヤモンドとは?ブラウンダイヤモンドの…
  8. パープルサファイヤを知ろう!
    パープルサファイヤを知ろう!
    パープルサファイヤについてパープルサファイアの価…
  9. ブルーダイヤモンドとは?
    ブルーダイヤモンドを知るブルーダイヤモンドの価値…
  10. 黒真珠や真珠について
    黒真珠や真珠について
    黒真珠や真珠とは?真珠は種類や特徴がさまざまで、…

宝石・貴金属買取店ランキング

  1. ウルトラバイヤーイメージ

    1

  2. 宝石・ダイヤモンド買取の最速買取123

    2

  3. 3