宝石・貴金属を売りたいと思ったらまずチェックするポイント

2001年以降に起きている金価格の上昇により、不要な宝石・貴金属等を売って現金化する人が増えているようです。
壊れてしまったネックレス、片方だけのイヤリングなどであっても、その価値に応じて買取をしてもらえますから、無駄にしないで済むのも人気の理由の一つでもあります。

では、売りたいと思ったらどんなお店を選ぶとよいのでしょうか?
また、高値買取をしてもらうコツはあるのでしょうか?
気になるポイントをチェックしましょう。

どんなお店を利用するべき?

まず大事なのは、貴金属の買取を得意としているお店を選ぶことです。
実店舗であれば、ディスプレーの内容を確認することで、どういった商品の買取を得意としているかを判断できるはずです。

また、ホームページの掲載内容を確認するのもいいでしょう。
キャッチコピーや買取実績などを確認すれば、やはり、そのお店の得意分野がわかります。

査定の際には目の前で重さを量り、互いに確認ができる状態にしているお店のほうが公正ですし、安心して取り引きできます。
査定は無料の場合がほとんどですから、納得のいかない金額が出た際は、はっきりと断る必要があります。

査定額の見積書を出してくれるお店であれば、必ずもらっておきましょう。
出してくれない場合には、何かしら後ろ暗いことがあると思っていいでしょう。
時間に余裕がある場合には、何店舗かの査定を比べてみるのも大切です。

また、宝石の埋め込まれたジュエリーの場合には、「貴金属の価値+宝石の価値+デザイン性」までを査定してくれるお店を見つけて売るほうが、地金だけで査定するお店よりも当然ながら高額で買取をしてもらえます。

近くにお店が見つからないときは?

近くに適切な買取店が見つからない場合にはどうしたらいいでしょうか?
そんなときは、無料の出張買取や宅配買取等のサービスを用意しているお店を利用するのがおすすめです。
ホームページ上から手軽に依頼できるサービスを賢く利用し、高額査定を狙いましょう。

 

査定をしてもらう際に覚えておくべきこと

査定をしてもらう前に、ざっくりとした金額を自分で調べておけば、出された査定額が妥当なものなのかを判断できます。
貴金属製品には、「K18」「Pt900」など、金属の品位を示す刻印がされていますから、それを参考に、現在の市場価格と見比べておきましょう。

鑑定書や鑑別書、箱などの付属品もあれば一緒に持って行きましょう。
鑑定書や鑑別書は宝石の査定をスムーズにしますし、ブランド品であれば、箱なども査定額UPのポイントになります。

また、買取してもらう際には、古物営業法により、身分証明書の提示が求められますから、これも忘れずに用意しておきましょう。
未成年の方のみの場合には貴金属の売却はできませんから、成人の方に同行してもらってください。

それでは、賢くお店を選び、宝石・貴金属の売却を成功させてください。


おすすめ記事